クラシックホテル

富士屋ホテル 西洋館ヒストリックハリウッドツイン宿泊記 2020.12

施設も客室のバリエーションも非常に豊富なクラシックホテル

箱根宮ノ下のクラシックホテル、富士屋ホテルに泊まってきました。目的は、クラシックホテルパスポートにスタンプを押すこと。※クラシックホテルパスポートについてはこちら。日本クラシックホテルの会の加盟ホテル9軒に泊まってスタンプを押すと、4点でランチ、9点で無料ホテル宿泊が可能です。私のパスポートにはコンプリートに必要な9点のスタンプのうち8点が押印済みで、今回の富士屋ホテルの宿泊で、ついに最後のスタンプを押すことができました!

2017年に万平ホテルの宿泊を機にクラシックホテルパスポートを始めたのですが、その後富士屋ホテルが3年間の耐震工事休業に入ってしまい、自宅からアクセスが良いのに、再訪はお預けに。今年に営業が再開し、やっと宿泊スタンプを押しにくることが出来ました。

改装後は綺麗で快適な大浴場ができたり、宿泊者専用のラウンジや、フリードリンクコーナーができたり。ビュッフェレストランのウィステリアの代わりに、ステンドグラスの美しい、カスケードという大きなレストランができたり。また本館や西洋館のインテリアの上質感が増し、大きく魅力がアップしました。箱根の代表的なホテルの一つなので、再開時は大きく報道されていたかと思います。

個人的には大浴場が嬉しかったなー。昔の共同浴場は嫌いではなかったけど、すごく狭かったので…。宿泊者ラウンジやフリードリンクコーナーも嬉しい。

夏から予約を検討しはじめたのですが、待望の営業再開とGotoトラベルが重なって、本館、西洋館、花御殿の人気の部屋は、かなり早めに予約が埋まっていました。

富士屋ホテルの客室選びについて

富士屋ホテルに初めて泊まる人は、その客室バリエーションの多さに悩むのではないでしょうか。マニアの方がいっぱいいらっしゃるのので、それぞれの好みがあるかと思うのですが、私個人が捉えている各客室のイメージは下記のような感じです。

  • 本館:戦前築。一番古い。白を基調とした瀟洒な西洋館。半円窓の間仕切りが素敵なヒストリックツインがとても魅力的だが、予約取りづらい。レセプション・レストランに一番近い。大浴場からは遠い。
  • 西洋館:戦前築。白を基調とした瀟洒な西洋館。雰囲気と値段のバランスがよく、部屋数多いので、本館より予約取りやすい印象。
  • 花御殿:戦前築。各お部屋ごとにお花のコンセプトがある、ロマンチックなストーリー性。絨毯敷きで居心地良さそう。安いランクの部屋は少し狭目。ヒストリックジュニアスイート以上は大変魅力的だが、価格は非常に高く予約も取りづらい。
  • フォレストウイング:これだけ戦後築。昭和感のあるインテリア。登山鉄道脇で、日当たりも良くない部屋が多い。せっかくの富士屋ホテルなのにここはちょっと..。という方も多いかもしれませんが、部屋は広めで昭和レトロ好きには刺さると思う。価格お手頃、予約も取りやすい。コーナーツインは、花御殿のヘリテージルームのレプリカで狙い目。レストラン・レセプションに一番遠い。大浴場に近い。

というわけで、今回は利用しやすさと客室の素敵さのバランスが良さそうな西洋館に泊まりました。絶景ホテルのばあいは泊まるシーズンにこだわりますが、西洋館には眺望を期待しないので冬の予約。食事はホテルで何回かしているので、素泊まりです。日曜日泊でGoto適用後28,200円。休前日と平日の価格差は2万円くらいあるので、できれば金曜日か日曜日に泊まりたいホテルです。3ヶ月前くらいに予約しました。絶対泊まりたい部屋がある場合は、早めに予約するのおすすめです。

朝ごはんはパンの美味しい併設のベーカリーPICOTで。でももし、予約したカテゴリ内でできるだけ条件の良い部屋に泊まりたいのであれば、2食付きをおすすめします。同じ客室カテゴリでも10平米くらい違う場合もありますものね。泊まったあとから思いついたけれど、地域共通クーポンで菊華荘かメインダイニングで朝ごはんつけてもよかったかなあ ..。

アクセス

宮ノ下駅から徒歩5分程度。宮ノ下駅出た直後から急坂を下ることになります。通常の人には問題ありませんが、杖をついていたり、車椅子だったり、足腰が不安な方は、ホテルに送迎をお願いすることをおすすめします。

周辺は人気のカフェやレストランがありますね。あんこ好きなので一人でバスの時間待ちとかするときは、あずきスイーツが売りのcafe de motonamiでお茶することが多いです。誰かと一緒の場合は、富士屋内のラウンジとか、エクシブ箱根離宮の中にあるヴェラビスタが便利かな。

ヴェラビスタは眺めが良くてソファー席でだらだらできるのがいいなと思います。エクシブ会員じゃなくても、宿泊者じゃなくても入れます。ちょっと高いけど、空間にゆとりがあるので、相応の価格かと。両方とも富士屋の向かいです。ちなみに、エクシブ箱根離宮は富士屋ホテルと2トップだった、奈良屋旅館の跡地に建ってます。

チェックイン

電車利用の方は本館のロータリーの前の入り口から入って、その上の階のロビーに行く人が多いのではないでしょうか。ドアに近づくとポーターさんがお出迎え。入るとクロークがあるので、日帰り利用の人や、早めのチェックインに来た人はここで大きな荷物を預けると便利です。脇の階段を上がるとレセプションがあります。

階段を上がる中二階にあるのがサンルーム。市松模様の床が素敵だったけど、板張りになってしまいました。その方が、ウエディングの撮影にしっくりくるからじゃないかな?と勝手に想像しております。

レセプションは、改装前のカウンターの位置から移動し、大元のカウンターの位置にもどりました。箱根の巻狩りのレリーフが生かされて素敵ですね。館内にはこのように、無数の彫刻、レリーフがあります。

レセプションにいるスタッフさんは間違いなくタスクをこなすためにちょっと真顔で緊張感がある人が多い。忙しいホテルですもんね。でも同じ人でもポーター係をやってる時はすごく親切なんですよ。すごく広いホテルなんで、お部屋まで行くのに時間がかかるのですが、以前案内してくださった方は、いろんなお話のネタをふってくれて、無言となることがありませんでした。

ロビー

国内のクラシックホテルの中では、一番ロビーが広くて賑やかなんじゃないかな。ロビー脇のショップも地階に移動。空いたスペースはラウンジエリアになりました。

館内

富士屋ホテルの魅力といえば、複数の歴史建築の美と、多様な施設ですよね。メインダイニングでの食事や、 ベーカリーPICOTの美味しいパン、雰囲気のよいラウンジでのティータイム、ホテルミュージアム等、日帰りで訪れても十分楽しめます。全てが見所なのですが、一番はメインダイニングかな。

客室(西洋館ハリウッドツイン)

今回泊まった西洋館。外観はこんな感じで、これが2棟建ってます。

客室の外もすごく雰囲気がいいです。広めの窓がサナトリウムみたいでかっこいい。

西洋館の「ハリウッドツイン」の部屋です。客室番号は忘れちゃいましたが2Fでした。レプリカではなく、正真正銘の西洋館。天井がとても高いです。34平米とのことですが、バスルームがコンパクトにまとまっているため、もっと広く感じます。

部屋の向きは、本館を向いていて、窓を開けると建物の壁でした。富士屋は花御殿やフォレストの高層階にでもいかないと眺めがよくないので、眺望に関しては特に不満なし。

価格は室料のみで47,000円。gotoでさらに安くなり、ポイントなども使用して28000円で泊まりました。なかなかお得に泊まれたと思います。

リニューアル前はたしかデュベではなく、ベッドカバータイプだったかと。

トイレの採光が良くて素晴らしかった。現代に設計されていたなら、この窓面をバスルームにするはず。窓から差し込む淡い光がとてもよかった。

大浴場があるから使わなかったけれど、バスルームもとても綺麗になりました。また、お部屋のお風呂も温泉が出ます。大浴場が混んでいても、気にならないレベル。

備品


一番よかったのは館内着!こんな館内着初めてみました。上は厚手のシャツ、下スエットのマリンルックみたいな服。年代選ばず誰でも似合いそうで、おしゃれなワンマイルウエアって感じです。売店でも販売していて、上下セットで15000円ぐらいでしたが、上質感があるので高く感じませんでした。


あとドリップタイプのコーヒーマシン(DRIP POD)があったのが嬉しい。カプセルには紅茶や緑茶もありましたよ。そのかわりティーパックタイプのお茶の用意はありません。

冷蔵庫は空で、間仕切りを自由に抜き差しできる構造になっていました。要冷蔵のお土産もいれられそう。

館内着とは別に、パジャマもありました。スリッパもふわふわで気持ちよかったです。

大浴場 –広くなったけど、脱衣場は混む

昔の大浴場は、花御殿の地下のプールのそばにあったのですが、相当鄙びた雰囲気で、宿泊者数に見合った広さではありませんでした。混雑時は、お部屋に引き返す方も多かったと思います。リニューアルされた大浴場はフォレストウイングの最上階に移動、窓大きめで開放感たっぷり、パウダーコーナーやロッカールームも広々サイズとなりました。

浴場内にはドライサウナ、内湯、半露天があります。(水風呂はなし)お湯に特徴感じませんでしたが、対岸の山の眺望もなかなかで、半露天で風に吹かれながら入るのは気持ちよかったです。広々していて、浴室に20人くらいで、混んでる感がでてくるかな。

ただホテル全体の収容人数が多いので、ハイシーズンは混雑がなかなか解消されないかも。特に脱衣場は狭く感じました。わりと浴場内が空いているときでも、脱衣場は譲り合いが必要でした。

あと!女性用浴室の入り口に客室から履いてきたスリッパを入れる棚があるのですが、鍵付きのものではなく、目印になるものも用意がないので、ご注意。あらかじめスリッパ入れを持参して、脱衣場に持っていった方がいいかも。お風呂から帰る時に自分の置いた場所にスリッパがなくて、しかもスリッパが1つも残ってなくて、泣く泣くフロントから持ってきてもらったことがありました。

宿泊者専用ライブラリー

フォレストウイングの一階に宿泊者専用ラウンジができたんですが、すごく広々。2室あって、1室はライブラリ。置いてある本も箱根・ホテル・旅行・食・地理・花などテーマに別れていて、読んでみたいものばかりでした。

もう一室はライブラリではないけれど、雰囲気のある休憩スペース。デスクがあるので、仕事ができそう。フォレストに泊まって、ここでワーケーションするのもいいな。

まとめ — 客室バリエーションが素晴らしいクラシックホテル

日本を代表するクラシックホテル。迷路のように巨大。どこもかしこも見所。最初訪れた時は、本当にワクワクしながら探検したものです。ただ、首都圏から近く、頻繁に立ち寄る機会があるため、最近はあまり旅情を感じなくなっていました。

しかし今回泊まってみて思ったのは、客室の多彩さが素晴らしいことです。クラシックタイプの客室がいっぱいあって、造りやテイストもちょとずつ違う。全館泊まりたい!とリピートしたくなってしまいますね。リニューアルされて快適になりましたし、やっぱり富士屋ホテルは凄いです。

ザ・スクエアホテル銀座 滞在記 2020.12前のページ

ローズホテル横浜:美味しいルームサービスディナー次のページ

ピックアップ記事

  1. 富士屋ホテル 西洋館ヒストリックハリウッドツイン宿泊記 2020.12
  2. ザ・スクエアホテル銀座 滞在記 2020.12

関連記事

  1. ホテル

    ローズホテル横浜:美味しいルームサービスディナー

    ローズホテル横浜は、中華街を通るとき気になっていたホテルです。ちょっ…

  2. ホテル

    パレスホテル 宿泊記 -外苑ビューと風が心地よいテラス

    一度泊まってみたかった、パレスホテルに行ってきました。こちらのホテルは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. パレスホテル 宿泊記 -外苑ビューと風が心地よいテラス
  2. ローズホテル横浜:美味しいルームサービスディナー
  3. 富士屋ホテル 西洋館ヒストリックハリウッドツイン宿泊記 20…
  4. ザ・スクエアホテル銀座 滞在記 2020.12
  1. ホテル

    パレスホテル 宿泊記 -外苑ビューと風が心地よいテラス
  2. クラシックホテル

    富士屋ホテル 西洋館ヒストリックハリウッドツイン宿泊記 2020.12
  3. 東京

    ザ・スクエアホテル銀座 滞在記 2020.12
  4. ホテル

    ローズホテル横浜:美味しいルームサービスディナー
PAGE TOP